Monthly Archives: 12月 2014

今現在手に入れることが出来るお薬の中には、服用することによって胃を痛める可能性のあるお薬、というものがあります。
こういったお薬から、胃を守る為にはどうしたら良いのでしょう。

胃を守る方法にはいくつかのものがあります。

まず1つ目の方法は、胃酸を押さえる効果や胃を保護する効果のあるお薬を、胃を痛める可能性のあるお薬を処方していただいている担当医に処方してもらい、一緒に服用するという方法です。
この方法は最も胃を守る方法として確実な方法と言えます。
また、もうすでに胃を痛めてしまったことにより、なんらかの症状が出ている場合にも、現在一番強く出ている症状の緩和に適している効果を持つ胃薬を処方してもらえるので、すぐに不快感を無くすことが可能となっています。

2つ目の方法は、胃を痛める可能性のあるお薬の服用方法を相談するという方法です。
例えば、毎食後に飲んでいた所を朝と夕方の2回だけの服用にしてもらう、1度に服用する量を減らしてもらう、飲み続ける期間を短くしてもらう、といった具合です。
他には、同じ効果を持っているが、より胃に負担のかかり難いお薬に変更をしてもらう、という方法もあります。
どの方法についても、医師の判断を仰いだ上で行うと良いでしょう。

レビトラはED治療剤として使用されています。
EDとは勃起不全のことを言います。
他の代表的な治療剤としてはバイアグラがあります。
レビトラは、勃起が起きない方や維持することができない方に処方されます。
つまり、性的な興奮状態を助長させる薬ではなく、勃起の状態を補助する薬です。
レビトラはインターネット等でも購入することが可能です。
しかし、他の病気で治療している方などは薬の飲み合わせで危険な副作用を起こすことがあります。
そのため、医療機関で処方してもらうことが最も安全な入手方法です。

レビトラを効果的に使用するためには、適切な方法で内服することが必要です。

レビトラは空腹時服用がすすめられています。
空腹時に服用することで、効果が発揮しやすくなります。
空腹時に服用することで、胃に負担をかけたり、胃炎を起こすことはありません。

食事をした後に服用する場合についてですが、お腹の食べ物がしっかりと消化されたのを確認してから服用をして下さい。
食後、約2時間後が目安となります。

また、性行為の1時間前に服用をします。
服用する際には、一般の薬のようにお水で内服をして下さい。
また、過度なアルコールを飲むことで、薬の効果が半減してしまう場合があるので、ご注意ください。